FC2ブログ

☆ 秋色に染まる二上山

2017年11月24 日(金)、山全体が秋の彩に覆われる二上山、
毎年の事だが、今年も見事なまでに色づいている。
自然林が多い山だから見られる光景である。


01a-20171124.jpg

山が煌く朝の時間帯がある。
早すぎても、遅すぎても輝くことは無い、
その時間帯を狙って自宅を出発、軽装備でのんびり歩いた。
02-20171124.jpg

今年の秋は短い、いきなり冬がやってきた感じ、今日も寒い朝だ

03-20171124.jpg

先日の大雨の影響なのか、登山道は少し荒れていた。
〝銀峰〟に到着する頃だった。
冬帽にネックウォーマー、全身、冬装備に固めたご婦人が下りてこられた。


「ここは、どうってことはないですが、山頂は凄い風で…」
「寒くて、寒くて…」
捲し立てる言葉に、よほど寒かったのだろう。
こちらは返事する暇もなく…
最後に「お気をつけて…」
僕はあっけに取られて登って行った。


9:35分、雄岳下のテラスに到着。
うなりをあげて樹々を揺らしていた風も少しおとなしくなっていた。


04-20171124.jpg

吹く風は冷たいが、空はどこまでも晴れ渡っている。
視界に入る大阪から神戸が近くに見えた


05-20171124.jpg

雄岳山頂に寄ってみた。
葉を落とし始めた広葉樹が目立つ。
常連さんが、一人、二人と登ってこられて挨拶を交わす。


06-20171124.jpg

雌岳が一望できるビユーポイントから一枚。
手前には見事なまでに色づいた雌岳、遠くに葛城山、溜息が出るほど美しい。


07-20171124.jpg

雌岳に到着する頃には風も収まって、遠くに六甲の山並みがくっきりと見えていた。

08-20171124.jpg

雌岳山頂で日光浴を兼ねて小休止、
持ってきたホットコーヒーを飲んでいると、のんびりとした山のひとときが過ぎていった。


09-20171124.jpg

雌岳山頂の紅葉もピーク、サザンカとのコラボもここでしか味わえない風景だ。

10-20171124.jpg

11-20171124.jpg

午後からの所用を思い出し早めに下山。
秋色に染まる二上山を後にした。


12-20171124.jpg

祐泉時に下山、
途中、名物の大銀杏はほとんど葉を落とし、黄色い絨毯となっていた。


13-20171124.jpg

期待していた祐泉時に到着。
散り終わろとしているモミジもあれば、未だ緑色したモミジもある。
揃っていない…バラバラだ。
きっとこれは、最近の急な冷え込みで、
色づいていいのか、判断に迷っているのだろう…
とりあえず写真を撮ってみた。


14-20171124.jpg

15-20171125.jpg

16-20171124.jpg

17-20171124.jpg

18-20171124.jpg

19-20171124.jpg

傘堂近くの池から振り返った。
秋は短い、こんな景色を見られるのも残りわずかだろう…


20-20171124.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ