FC2ブログ

☆ 金剛山へ雪中登山

2017年 1月 24日 (火)、葛城山系が白く染まる、本格的な冬山シーズンが始まった。

01170124.jpg

山麓線を走り名柄の交差点を右に曲がると、雪道へと変わっていく309号線、
愛車の冬用タイヤは3シーズン目に突入、タイヤの劣化が心配だった、
スピードを落とし恐る恐るハンドルを握っていた。
坂道を登り切るとトンネル内は快適だが、出た直後の大阪側の下り坂がまた恐怖、
更にスピードを落とし旧309号線に回り込む、
なんとかいつもの駐車スペースでエンジンを切った。
停車している車は僅かに3台だけ、雪が激しく舞っていた。
冬山スタイルに身を包みKEENの長靴を履く、
カバーを掛けたM・Rのザックを担ぐと青崩道で山頂に向かった。
02170124.jpg

植林の中は快適だ、
樹の枝が傘の役目、雪で視界が遮られることもない。
少し登っては小休止を繰り返し、雪山歩きを楽しんだ。


03170124.jpg

04170124.jpg

山頂に近づくにつれ白銀の別世界、モノトーンの景色が待ち受けた。
途中、お一人の男性にすれ違っただけ、静かな山歩きが続いた。


05170124.jpg

10時過ぎ山頂広場到着、誰もいない!雪は止んでいたが全くの視界不良。

06170124.jpg

流石に売店前は少しの登山客で賑わっていた。
温度計を確認するとー6℃、数字以上に寒くない、風が無いのだ。


07170124.jpg

冬景色の転法輪寺を散策、吹き溜まりは10センチ以上になっていた。

08170124.jpg

展望台へと向かった。
新雪に近い、滑らない、アイゼンは不要だ。


09170124.jpg

葛木神社から展望台到着。
相変わらずの視界不良にカメラを取り出す気にもなれず早々に退散。
菓子パンを一つ放り込むと歩いてきたルートを戻った。


10170124.jpg

11170124.jpg

一の鳥居まで戻ると右に曲がりダイトレ道で下山開始。

12170124.jpg

急階段を滑るように下るとガスに包まれる葛城山がうっすら見えていた。

13170124.jpg

植林の中で、一瞬、陽が差し込んだ、予想に反して天気は回復に向かっている。

14170124.jpg

旧パノラマ台まで下りてくると下界は良い天気、大和三山がよく見えていた。

15170124.jpg

山から下りると林道歩きが暫く続く、振り返ると雪化粧の金剛山がくっきり見えていた。
早朝、車を停めたとき、このまま降り続いたら脱出できるか心配だったが…
そんな心配は無用だった。
あれほどあった雪はすっかり熔けていた。
こんなことなら、もう少し山頂に居た方が良かったかな、そんな登山だった。


16170124.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

モノトーンの世界に、灯篭の赤や売店が暖かさを感じさせますね。
今もソフトクリーム売ってるのかなあ。
この2,3日の暖かさと雨で雪がほとんどなくなったかもしれませんが、また積もるといいですね。

RIKOさん、どうもです。
ここ2,3日、急に暖かくなりましたので、
すっかり溶けているでしょうね、
空の蒼、樹氷とのコントラストを撮りたいのですが、
なかなかうまくいきませんわ。
次の寒波まで辛抱ですね。
それでまた。


黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ