FC2ブログ

☆ 矢田寺の紫陽花-2017

2017年 6月 22日(木)、紫陽花の季節である。私の好きな花でもある。
矢田丘陵の中腹にある別名「あじさい寺」と呼ばれる矢田寺を訪れた。


01a-20170622.jpg

未だ本格的な梅雨らしい雨は降っていない、
〝梅雨の晴れ間の散策〟とまではならないが、昨日、まとまった雨が降った後だった。
8時半過ぎ、寺の開門に合わせて矢田寺手前の駐車場でエンジンを切った。
500円の駐車料金を支払うとカメラ片手に坂道を登った。
きれいなお姉さんが待ち構える山門、500円の入場料を払うと次は石段だ。
開門した直後、花見客はまばら。
時折、陽が射すが灰色の雲に覆われた曇天の朝だった。

02-20170622.jpg

矢田寺の正式名は金剛山寺(こんごうせんじ)、高野山真言宗の寺院である。
私の家から車で40分程、案外近い。


03-20170622.jpg

右に夾竹桃(キョウチクトウ)、左に菩提樹(ボダイジュ)の花が咲き乱れ、
さほど大きくない本堂が正面に待ち構えていた。


04-20170622.jpg

人が増える前に写真を…
カメラ片手に境内やあじさい園をうろうろ


05a-20170622.jpg

06-20170622.jpg

07-20170622.jpg

08-20170622.jpg

寺方に話を伺うと未だ満開ではないらしい。
紫陽花も開花が遅れているようだ。


09-20170622.jpg

10-20170622.jpg

それでもこれだけ咲き誇っていると見ごたえがある。
約60種、10000株はお見事、飽きることは無い。


11-20170622.jpg

12-20170622.jpg

13-20170622.jpg

14-201706222.jpg

15-20170622.jpg

16-20170622.jpg

17-20170622.jpg

18-20170622.jpg

19-20170622.jpg

20-20170622.jpg

あじさいの品種も多種多彩。

21-20170622.jpg

22-20170622.jpg

23-20170622.jpg

24-20170622.jpg

境内で白くて大きな花の樹を見つけた、〝泰山木 (タイサンボク)〟だ。
オオヤマレンゲを大きくしたような花だが、良い状態の花は無かった。


25-20170622.jpg

2時間程粘って写真を撮っていると、予想以上に人が増えてきた。
平日にも関わらず、カメラを持った花見客が次々と押し寄せてくる。
頃合いを見計らって退散、駐車場に戻った。


昼食は二上山・雌岳の山頂と決めていたので、
11時頃、「道の駅・ふたかみパーク当麻」に車を停めて、
祐泉時から馬の背へ、雌岳山頂を目指した。
薄雲がとれて青空が覗く、六甲の山並みがくっきりと浮かんで、クリア-な眺めになっていた。


26-20170622.jpg

もう咲き終わっていると思っていたが…、山頂付近に一本残っていた。
〝ササユリ〟である。
芳醇な香り、思わず咲いてくれてありがとうと叫びたくなる。
雌岳山頂で昼食を済ますと、雄岳に向かった。
以前は、雄岳付近にも数本咲いたが、全く見つけられなかった。
年々、減っていく二上山のササユリ、このままでは絶滅してしまうのでは思ってしまう。


27-2016170622.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ