FC2ブログ

☆ 明日香散策と初秋の橘寺

2018年 9月26日(水)、畝傍御陵前駅で下車すると東へと向かった。
10分も歩かないうちに到着したところは、本薬師寺跡。


01a-20180926.jpg

一夏咲いた〝ホテイアオイ〟と真っ赤に色づいた〝彼岸花〟が同居、
赤と薄紫のコントラストが暗い夜明けを明るく演出していた。
低く垂れこめた鈍色の空から陽が射したが、それも一瞬の出来事だった。
空を覆う雲はとれそうもない。
それにしても涼しい、あれほど暑かった夏からすると、季節が一段と進んだ感じ。
寺跡は訪れる人もなく静かだ。

02-20180926.jpg

03-20180926.jpg

昔はほとんど咲いていなかった彼岸花が勢力を伸ばしている。

04-20180926.jpg

一通り、写真を撮ると明日香川沿いを歩いた。
色づき始めた街路樹が葉を落とし始め、秋が忍び足でやってきている。


05-20180926.jpg

06-20180926.jpg

8時過ぎ、甘樫丘で小休止、今にも降り出しそうな気配である。

07-20180926.jpg

丘を下りると、久しぶりに「橘寺」を訪れた。

08-20180926.jpg

新四国第十番霊場、別格佛頭山、「橘寺」は、聖徳太子がお生まれになった所とされている。

09-20180926.jpg

スリムな馬の銅像は太子の愛馬「黒の駒」、なんとも優しい眼をしている。

10-20180926.jpg

11-20180926.jpg

馬が向いている先には「二面石」
善面と悪面の両方が彫られた珍しい石造物だ。


12-20180926.jpg

初秋の境内には酔芙蓉の花が咲き乱れ、彼岸花がアクセントをつけていた。

13-20180926.jpg

14-20180926.jpg

石舞台から明日香彼岸花ロードを足早に歩く。
高松塚古墳に到着する頃に雨が落ちてきた。
休憩所で雨宿り、暫く待ったが雨は止むことは無かった、今年の秋は長雨か…。


15-20180926.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ