FC2ブログ

☆ 神秘的な色合いの時計草(とけいそう)

2018年 9月07日(金)、紫色の〝時計草〟何とも神秘的な色合いだ、
花の直径は7,8cmはあるだろうか、
遠くから眺めた時、テッセンが咲いているのかと見間違える程大きな花だった。


01-20180907.jpg

猛烈な台風の爪痕が残る朝だった。
上空の空気が入れ替わるかと期待していたが、それほどでもない。
思ったより気温が高い、いつもどおり汗を拭いながら行きつけの公園に向かった。


強烈な風が吹いた後、吹き飛ばされたかと心配していたが、
そんな心配は無用、ツル性の植物なので、しっかりと他の植物に絡みついていた。
別名:パッションフラワーと呼ばれる時計草だが、
熱帯アメリカを中心に400種以上が分布、花の色は赤、白、ピンク、黄色と多彩。
日本には、いつ頃入ってきたのかよく分からない。


02-20180907.jpg

こちらはいつもの白色のトケイソウ、一回り小さいが、一夏、咲き続ける感じ。

03-20180907.jpg

〝リコリス〟(彼岸花科の植物)と、一まとめに括ってしまうと大雑把かもしれない。
それ程リコリスの仲間も多い。
日本の彼岸花が咲く前に馬見丘陵公園にはいろんな彼岸花科の植物が咲いていた。


04-20180907.jpg

05-20180907.jpg

06-20180907.jpg

07-20180907.jpg

08-20180907.jpg

お彼岸も近づいてきて、そろそろ日本の彼岸花が咲き出す頃である。
今年ももうそんな季節になってきた。


09-20180907.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ