FC2ブログ

☆ 葛城古道の神社仏閣巡り

2017年 2月 24日 (金)、薄っすらと雪化粧していた葛城山は、お白いを落としほのかな春の装い、
葛城の里も梅の花が見頃を迎え春が近い


0120170224c.jpg

帰りは路線バスに乗るつもりで御所駅から葛城古道を歩いた。
雲が多いが時折陽が射す上天気の朝、裾野歩きに出かけた。


山麓線を横切り、六地蔵石仏を見て左に曲がると神話の里を巡る神秘的なルートへの入口となるが、
ほとんどが舗装された道、昔の面影は少ない。
0220170224.jpg

右背に葛城山を仰ぎ見て田園の中を突き進み南へと向かう。
「浄土宗 戒那山 九品寺」到着。
昔、葛城山は戒那山(かいなやま)と呼ばれていたと言う、
九品寺は奈良時代に行基が開いたとされる由緒ある寺である。
楢原休憩所で一息入れると「一言主神社」までは直ぐだ。


0320170224a.jpg

「一言さん」として地元の人に親しまれている一言主神社、
願いことは一つしか聞き入れてくれないと言うから、何を願うかは悩む?ところ…


0420170224.jpg

少し寂れた名柄神社を過ぎて古い街並みを歩く。

0520140224.jpg

旧名柄郵便局はお洒落な施設となった。
未だ食事をしたことはないがカフェもランチもある。
ポスターが張られていた。
この葛城地域を舞台にした映画、「天使のいる図書館」
流石に地元とあって街のあちこちに貼られている。


0620170224a.jpg

葛上中学校を過ぎると古道を外れ「小殿」に下りた。
向かった先は「葛城御歳神社」


0720170224.jpg

あまり霊気を感じない私だが、
何故だかこの神社に来ると何となく冷たいものを感じる。
何とも言えない寂れた雰囲気がそうさせているのか…


0820170224.jpg

国道24号に並行するように小さな川沿いの生活道路を歩いて、
ようやく「船宿寺」到着である。
白梅に紅梅、ロウバイと花の寺らしく早春の花が彩りを添えていた。


0920170224.jpg

折り返し地点の風の森に到着すると、バスの時刻を確認して高鴨神社に向かった。
ここから眺める風景は、桜の咲く頃がベストシーズン、
殺風景の景色を撮ると、神社の横にある蕎麦屋で、鴨神そばを頂いた。


1020170224.jpg

1120170224.jpg

伏見の村中を抜け高天彦神社に到着、流石に鶯宿梅は未だ早い。
3月初めには咲くだろう


1220170224.jpg

1時半頃、今日の最終場所の橋本院に到着。
写真の題材を探すも…時間だけが過ぎていく。


1320170224.jpg

帰りは鳥井戸まで下りて路線バスで御所駅に戻ってきた。

1420170224.jpg

1520140224.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ