FC2ブログ

☆ 〝山百合 (ヤマユリ)〟が咲き始めた葛城山

2018年 7月 25日(水)、葛城山の夏といえば、〝山百合 (ヤマユリ)〟
昔は、あちこちに咲いていたが、最近は随分と少なくなったものだ。


01-20180725.jpg

大暑を迎え猛烈な暑さが続く日本列島、朝から気温上昇、高温注意報の出だしだった。

8時過ぎ、水越峠、一番上の駐車場でエンジンを切った。
昨年の大雨で旧309号線、峠から奈良側は依然として通行止めが続いている。
登山靴に履き替えザックを担ぐと、ダイトレ道をのんびり登り始めた。
木段を一歩づつ高度を稼ぐ、汗が噴き出してくる、少し登っては小休止、水分補給の繰り返し。

02-20180725.jpg

冬は広々したルートだったが、夏は左右から笹や雑草がはみ出しやたらと狭く感じる。
行くてを阻む圧迫感に、纏わりつく虫の大群もあってイライラした登りである。


03-20180725.jpg

04-20180725.jpg

ルートの半分程過ぎた頃だろうか、振り返ると、緑の濃くなった金剛山が間近に迫っていた。
稜線がくっきりしている好い眺めに、疲れも忘れて仰ぎ見ていた。


05-20180725.jpg

時折、山百合が微笑む登山道、気分も少しづつ和らいできた。

06-20180725.jpg

1時間30分程かかって山頂付近に到着、
ハケで描いたような筋雲の下、眼下に奈良盆地南側が幻想的に浮かんでいた。


07-20180725.jpg

〝ツツジ園〟は、益々緑が濃くなった。

08-20180725.jpg

風が無い穏やかな山頂、ムッとした暑さではない、過ごしやすい暑さだ

09-20180725.jpg

10-20180725.jpg

ススキの中から濃いピンク色の〝ナデシコ〟が顔を出していた。

11a-20180725.jpg

12-20180725.jpg

そろそろ咲き始めている〝ナンバンギセル(南蛮煙管)〟だが、なかなか見つけられない。
ススキの中から株を見つけるが、撮るのが難しい


13-20180725.jpg

山頂のアジサイはもう少し楽しめそうだ。

14-20180725.jpg

〝アザミ〟は咲き終わり、線香花火の様になっていた。

15-20180725.jpg

目的の〝山百合 (ヤマユリ)〟の写真を撮り終えて早めの昼食。
白樺食堂は定休日とあって、ベンチは貸し切り状態。
途中コンビニで買ってきたカップメンで胃袋を満たすと、
のんびりした山のひとときが過ぎて行った。


16-20180725.jpg

<以下は、山頂付近で撮った山百合の写真>

17a-20180725.jpg

18a-20180725.jpg

19-20180725.jpg

20-20180725.jpg

21-20180725.jpg

22-20180725.jpg

23-20180725.jpg

24-20180725.jpg

25-20180725.jpg

26-20180725.jpg

ヤマユリに交じって〝オニユリ〟がポツンと一輪咲いていた。

27-20180725.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ