FC2ブログ

☆ 咲き競う藤原宮跡の〝蓮〟

2018年 7月 13日(金)、7月半ばにしてこれほどまでに咲いているとは、
正直、〝蓮(ハス)撮りに〟出遅れた感じである。


01-20180713.jpg

最高気温35℃、熱中症警戒、そんな朝の出だしだった。
八木西口で下車すると、先ずは「おふさ観音」に寄ってみる。
あれほど咲き誇っていたバラは僅かに残っているだけとなった。
少し寂しい風景だが、その代わり〝風鈴〟がこれでもかと垂れ下がっていた。

時折吹く風に〝涼〟を告げる音色、心に響く音が境内に響いて、
「おふさ観音風鈴祭」、夏の風物詩が始まっていた。


02-20180713.jpg

03-20180713.jpg

おふさ観音を後にすると〝藤原宮跡〟に直行。
三方を大和三山に囲まれた広大な宮殿跡地は、都会(半分田舎)のオアシス、
炎天下の中、大勢のカメラマンが撮り囲んでハス撮りが始まっていた。


ええっ!もうこんなにも咲いているの!正直、季節が半月進んでいるような感じ。
メインカメラのRX10に一脚を取り付けカメラマン気取りで撮ってみた


04-20180713.jpg

05-20180713.jpg

06-20180713.jpg

07-20180713.jpg

08-20180713.jpg

09-20180713.jpg

10-20180713.jpg

11-20180713.jpg

12-20180713.jpg

13-20180713.jpg

14-20180713.jpg

15-20180713.jpg

16-20180713.jpg

泥の中から天に向かって咲く蓮!威風堂々と言った感じある。

18-20180713.jpg

時間をかけ蓮撮りを終えると、「甘樫の丘」に向かった。
突然雲が垂れ込めて夕立か思ったが、直ぐに陽が射した、
丘に着く頃には良い天気に戻っていた。


19-20180713.jpg

頂上のベンチで小休止、水分補給とおやつの菓子パンを一つ放り込むと、明日香へ。
1ヵ月ほど前、森の宝石と呼ばれる〝オオムラサキ〟が放されたが見つからない。
代わりに飛んでいるのは〝ハグロトンボ〟
なぜか、神様トンボとも呼ばれるらしいが、見れば見る程不気味である。


20-20180713.jpg

21-20180713.jpg

あまりの暑さにショートカット、
飛鳥寺から橘寺に抜け、高松塚古墳を経て飛鳥駅へと戻った。
秋の七草の一つ、〝キキョウ(桔梗)〟が咲き始めていた。


22-20180713.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ