FC2ブログ

☆ 矢田寺の紫陽花撮り

2018年 6月7日(木)、昨日の大雨の残党が居残っているのか、薄暗い夜明けだ。
鈍色の雲で覆われた空の底、光が射しこむどころか、未だ降りそうな雲行だった。


01-20180607.jpg

8時半の開門に合わせて自宅を出発、あまりにも真面なルートを走り過ぎたか、
朝のラッシュに巻き込まれ、40程で済むところを1時間程かけて到着。
矢田寺、一番上の駐車場でエンジンを切った時には、9時になろうとしていた。
3,4台の車が止まっているだけで管理人は居ない。
〝500円〟と書かれた料金箱に料金を入れると、カメラザックを肩掛けして山門に向かった。
セメントで固められた坂道、寺の周りは未だ眠っているかのように静かだ、猫の子一匹いない。

02-20180607.jpg

山門で拝観料500円を払うと、雨で濡れた石段を用心深く登った。
やがて見慣れた景色が飛び込んでくる。
感動は少ない、豪華絢爛とまで咲き誇っていない、少し早すぎたようだ。
今年の花の開花が早いと言え、未だ6月に入ったばかり、見頃はも少し先。
境内を散策すると紫陽花撮りに専念した。


03-20180607.jpg

04-20180607.jpg

05-20180607.jpg

06-20180607.jpg

07-20180607.jpg


08-20180607.jpg

09-20180607.jpg

10-20180607.jpg

11-20180607.jpg

12-20180607.jpg

13-20180607.jpg

14-20180607.jpg

15-20180607.jpg

16-20180607.jpg

17-20180607.jpg

18-20180607.jpg

19-20180607.jpg

20-20180607.jpg

一匹の〝クロアゲハ〟が飛び回っている、
調べると、白い線が入っているので〝モンキアゲハ(紋黄揚羽〟のようだが、
この寺の〝主〟なのか、それとも誰かの〝生まれ変わり〟なのか、なんとも不気味である。


21-20180607.jpg

境内を彩る〝ビン洗いのブラシの花〟この時季にぴったりの花である。

22-20180607.jpg

1時間以上粘ったが、気に入った写真はほとんど撮れず、
突然陽が射したり、曇ったり上空は激しく動いていた。
10時を回ると大勢の花見客、写真どころではない、帰りは、馬見丘陵公園に寄ることにした。
続く…

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ