FC2ブログ

☆ 冬の高取城址散策

2017年 1月 29日 (日)、この「猿石」を見たとき、
城を守るための魔除けとして置かれたものと、勝手に推測していたが、
説明文を読むと少し違っていた。
城築用として明日香から運ぶ途中で置かれたと書かれている。
その真意は分からないが、何か言いたげな口元、見れば見る程、愛着の湧く石仏である。


0120170129.jpg

続きを読む

☆ 金剛山へ雪中登山

2017年 1月 24日 (火)、葛城山系が白く染まる、本格的な冬山シーズンが始まった。

01170124.jpg

山麓線を走り名柄の交差点を右に曲がると、雪道へと変わっていく309号線、
愛車の冬用タイヤは3シーズン目に突入、タイヤの劣化が心配だった、
スピードを落とし恐る恐るハンドルを握っていた。
坂道を登り切るとトンネル内は快適だが、出た直後の大阪側の下り坂がまた恐怖、
更にスピードを落とし旧309号線に回り込む、
なんとかいつもの駐車スペースでエンジンを切った。
停車している車は僅かに3台だけ、雪が激しく舞っていた。
冬山スタイルに身を包みKEENの長靴を履く、
カバーを掛けたM・Rのザックを担ぐと青崩道で山頂に向かった。

続きを読む

☆ 長谷寺の冬牡丹

2017年 1月 18日 (水)、ほとんどの学生が桜井駅で下車したので閑散とした車内だった、
「大和朝倉」そして「長谷寺駅」の案内、この駅に降り立つのは初めだ。

0120170118.jpg

空の蒼さは透き通る程美しいが、凛とした冷たい空気が伝わってくる、
冬の厳しさを身に凍みながら改札口を出た。
案内に従って石段を下りて行く、165号線の初瀬交差点を渡り突き当りを右に曲がった。
少し登坂になっていた。
時間的に早いのだろう、名物の草餅が店先に並び始め街が動き始めていた。
400m程歩く山門が見えてきた。

続きを読む

☆ ほんのり雪化粧した葛城山

2017年 1月 15日 (日)、8時過ぎ、プチ電車の旅が終わり御所駅に降り立つ、
改札口を出るとロープウェイ登山口に向けてのんびり歩き出した。


0120170115b.jpg

昨日からの台風並みの風は治まりつつあるが、横っ面をひっぱたく冬の風は冷たくて痛い、
アウターの襟を立て冬帽を被り足早に歩く。
「猿目橋」の分岐を過ぎロープウェイ乗り場に到着、
と同時に、御所駅からの路線バスが少しの登山客を乗せて登ってきた。
「そうか…今日は日曜か…」
バスが動いていたのをすっかり忘れていた。
缶コーヒーで一息入れると「北尾根」に向けて踏み出した。

続きを読む

☆ 冬晴れの爽やかな一日

2017年 1月 7日、山麓線に別れを告げ、神話のふるさと、高天彦神社に向けて車を走らせた。
アクセルを踏み込み急道を登りきると、神秘的なムードが漂う高天彦神社到着である。
手前の駐車場は既に満車、奥の駐車場の片隅でエンジンを切った。
暖かい朝の陽射しがたっぷりと差し込んだ8時頃だった。
登山ザックにカメラを放り込むと境内へと足を運んだ。


2017 01 07 01

続きを読む

☆ 毎年の恒例行事となった葛木神社へ

2017年 1月 4日、帽子を脱ぎ手袋を外す、一礼して賽銭を投げ入れると鈴を鳴らした。
二礼二拍手、今年の安全登山を祈願、
正月も三ヶ日を過ぎると訪れる登山客もまばら、静かな山頂だ。
和らいだ冬の日差しが山頂の神域を浮かび上がらせていた。


01170104.jpg

水越峠の駐車場に車を置いたのは8時過ぎ、
いつもの45ℓのミレーのザックを担ぎダイトレ道をのんびり歩く。
丸太階段を一気に登りきると旧パノラマ台、
予報どおりの良い天気だが頬を撫ぜる風はやけに冷たい。
一休みすると足早に歩を進めた。


02170104.jpg

「一の鳥居」を左に曲がり展望台へ、
期待していた遠望はイマイチ、岩湧山がうっすら確認できる程度、
おぼろげに霞んた冬景色に見切りを付け2,3枚と撮ると神社へと向かった。


03170104.jpg

葛木神社で参拝を済ませた後は転法輪寺へ、
礼拝を済ませると国見広場で昼食休憩。
ジェットボイルでお湯を沸かし、カップメンを胃袋へ、
食後にコーヒーを飲み至福の一時が過ぎていった。

下山は青崩道を駆け下りた。
途中で、山仲間のRIKOさん、Bさんに出会う、
お二人ともお元気そうだった。

☆ 2017年、元旦は、葛城山へ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ブログ再開 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本年度(2017年)より「FC2ブログ」に引っ越してブログ再開しました。
野に咲く花や風景写真を撮りながら、のんびり山歩きがメインです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ Kaze ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年 1月 1日、扉が開くと同時にダッシュ、息を弾ませ一気に階段を駆け上がる、
ロープウェイ乗り場の展望台に着いた時には、樹の隙間から2017年の朝陽が顔を出していた。
眩しい程の光が神々しく降り注ぐ、2017年がスタートしたのだ。

010101.jpg

“初日の出”は葛城山と決めていたので、
昨年の反省を生かして余裕を持って出発した…つもりだった。
山麓線に別れを告げ、登山口目指して右に曲がるとエンジンをふかす。
程なく駐車場に到着、ほぼ満車状態に驚く。
料金1000円を支払い何とか駐車場所を確保、
登山靴に履き替えるとロープウェイ乗り場へと急いだ。
まだ6時を少し過ぎたばかり、昨年よりもはるかに多い人が列をなしている。
とりあえず片道チケットを購入、最後尾に並んだ…

010102.jpg

8分間隔くらいでさばけていくが、間に合うかな…
乗り込んだのは7時前、既に東の空は明るい。
山頂到着と同時に初日の出!
眼下に大和三山がくっきりと見え穏やかな朝を迎えた。

010103.jpg

それほど寒くない山頂、
先ずは「役行者」様に挨拶、静かに手を合わせた。

010104.jpg

山頂からは暫く登っていない金剛山が、浮かび上がるようにデンと構えていた。

010105.jpg

やがて、朝陽は雲の中へ、
ドラマチックな朝景、少しばかりのショータイムが始まった。

010106.jpg

010107.jpg

下山は「櫛羅の滝コース」を駆け下りた。
2017年のスタートは慌ただしい初日の出撮りだった。

追記
長らく利用してきましたeoブログは、
3月31(金)15時を持ちまして全てのサービスが終了となります。
黒ねこココ時計
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ