FC2ブログ

☆ 真夏の二上山散策

2018年 7月 16日(月)、強烈な紅色は、北アメリカ原産の〝アメリカフヨウ〟
この花も夏を彩る花として、すっかり日本の土壌に馴染んでいる。


01-20180716.jpg

留まっているアカタテハが小さく見える程大きな花だった。

大雨の後は連日の高温予報、異常なほど気温が高い、
これも異常気象の一つなのだろう…
半日だけの散歩に、二上山散策へと出かけた。

続きを読む

☆ 雨のち晴れ、二上山散策

2018年 6月18日(月)、梅雨と共に紫陽花の色が濃くなってきた。
「青い花は、精神的な疲れや高ぶった感情を落ちつかせ、…高血圧、不眠症に効果あり…」


01-20180618.jpg

ブルーの紫陽花に惹かれるのは、今の自分(心身)を反映しているようである。

仕事の日は晴れ、休みになれば雨、
何だか天気の巡り合わせが悪くなった、今朝も昨夜来からの雨が降り続く。
昨夜、準備したザックの中身を一旦解き、諦め気味の待機状態だった。
ネットの短時間雨雲予報を確認しながら、のんびりした時間が過ぎていた。

続きを読む

☆二上山ハイクと当麻寺の牡丹

2018年 4月17日(火)、気品と風格から花の王様と親しまれてきた〝牡丹〟
正にそのとおりだ、花姿はうっとりするほど〝ゴージャス〟そのもの。


01-20180417.jpg

雨の予報は午後からだったが、今にも降り出しそうな暗くて肌寒い朝だった。
あまり気乗りしないハイク、とりあえず二上山へ向かった。
道の駅「當麻」から山麓線沿いに歩いて、登山口がある加守神社へと向かう。
麓から眺める二上山もすっかり春の装いである。

続きを読む

☆ 秋色に染まる二上山

2017年11月24 日(金)、山全体が秋の彩に覆われる二上山、
毎年の事だが、今年も見事なまでに色づいている。
自然林が多い山だから見られる光景である。


01a-20171124.jpg

山が煌く朝の時間帯がある。
早すぎても、遅すぎても輝くことは無い、
その時間帯を狙って自宅を出発、軽装備でのんびり歩いた。

続きを読む

☆ 夏の暑さが和らいだ山歩

2017年 9月 1日(金)、湖面に映る魚影、フナかな…
ザックを下ろし、登るのも忘れて眺めていた。


01a-20170901.jpg

午後から所用有り、午前中だけの山歩は二上山へ。
自宅を出発したのは8時前だった、当麻寺駅から二駅だけ乗って「二上山駅」で下車、
貯水タンクがある登山口に向かった。
山麓線を横切っている陸橋を渡ると直ぐに登山口、一台のバイクが停まっているだけだ。
今朝は涼しい、一気に秋が訪れた。

続きを読む

☆ うっとうしい季節の到来

2017年 6月 28日(水)、いざ、梅雨入りに入ってしまうと、ジメジメした日々に滅入ってしまう。
梅雨明けが待ち遠しい… 人間の思いとは勝手なものである。


01-2017 06 28

傘を差しながら朝の散歩、
自宅を出て道の駅「ふたかみパーク当麻」を経由、二上山付近を散策。
道端に植えられた〝ひまわり〟も何となく沈みがち、不機嫌そうな顔つきである。
奈良側から見ると左が雌岳、右が雄岳の二上山、
今日も少しガスがかかって幻想的な景色になっていた。

続きを読む

☆ 新緑の二上山散策と当麻寺の牡丹

2017年 4月 27日(木)、自然林が多い二上山、一年で二回輝く時季がある、
それは新緑の季節と紅葉に染まる頃だ。


01-20170427.jpg

今の時期の二上山は新芽が育ち淡い緑色、
山全体が何とも言えない色合いを醸し出している。
これが後一ヶ月も経てば深い緑一色となり単調な山となってしまう。
ハイキングザックにカメラと軽食を詰め込み二上山撮りに出かけた。
いつものお散歩コースを少し延長して道の駅当麻周辺を散策し山頂へ。

続きを読む

黒ねこココ時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ