FC2ブログ

☆ 開花を待ち焦がれ散り際を惜しむ賀名生梅林

2019年3月20日(木)、桜の便りが聞こえる頃、〝賀名生梅林〟を訪れた。
白梅の向こう、金剛山を仰ぎ見る、南朝の里は春うららの良い天気に包まれて視界良好。


01-20190320.jpg

山麓線から国道24号線に合流すると、霧が立ち込める視界不良の五条、
スピードを落とし、ゆっくりと168号線を南下、10分程走ると西吉野に入った。
国道沿いにノボリが見えて、到着したところは、南朝の里、賀名生(あのう)梅林。
蒼く澄んだ空から春の光が変わることなく降り注ぎ、
白梅、紅梅で覆いつくされた山の斜面が浮かび上がっていた。

続きを読む

☆ 山の辺の道-早春の散策(北コース)

2019年2月25日(月)、高樋(たかひ)の〝虚空蔵さん〟で親しまれる〝弘仁寺(こうにんじ)〟
今まで、いろんなお寺を訪れたが、こんなに親しみを感じるお寺は初めてだ、
到着した時から不思議な感覚にとらわれていた。


01-20190225.jpg

天理駅を後にしたのは7時半過ぎ、商店街を抜け、一目散に〝石上神宮〟へと向かう、
先日とは正反対、蒼く澄んだ空から、早春の光が絶え間なく降り注いだ。
日本最古の道と呼ばれる〝山の辺の道〟は、石上神宮を境に北と南に分かれる。
三輪明神まで歩く南コースは圧倒的な人気を誇り、

続きを読む

☆ 山の辺の道-早春の散策(南コース)

2019年2月21日(木)、白梅に紅梅が咲き乱れ、菜の花が黄色い花を付けると、
桜の季節は近い、春は直ぐそこまでやってきている。


01a-20190221.jpg

7時半頃、大和八木駅で名張行の準急に乗り換えると、大和朝倉駅で下車した。
今にも泣き出しそうな空模様、暗く沈んだ朝だ、
傘の出番は無いだろうと思っていただけに意表を突かれた感じ、
おまけに北風の強い日だった。

続きを読む

☆ 法隆寺駅から歩く矢田丘陵

2019年2月14日(木)、夜が明け始めた頃、冬装備に身を包むとJR五位堂駅へと向かった。
寒さに慣れたとはいえ、凍てついた朝だった。


01-20190214.jpg

難波行急行6:42分に乗り込むと、王寺駅で奈良線に乗り換える。
一駅だけ乗車すると法隆寺駅で下車、改札口を出ると北へ歩き始めた。
向かった先は〝法隆寺〟未だ7時を少し回った頃、
駅前の雑踏を抜けると、歩いている人は見かけない、もちろん観光客はいない。

続きを読む

☆ お稲荷さんの山歩き

2019年1月21日(月)、稲荷山を右回りに一周すると四つ辻に戻ってきた、
展望が少ない中、ここから眺める京都市街一望が素晴らしい。


01-20190121.jpg

〝伏見稲荷〟この地を訪れるのは随分と久しぶりだ。
尺土駅6時過ぎの橿原神宮行に乗り込むと、神宮駅で京都行急行に乗り換える。
近鉄丹波橋までは、約1時間の列車の旅。
ボーとしながら記憶を辿るが、何となく覚えている程度、
恐らく、10年以上は参拝していない、そう思うと何だかワクワクしてきた。

続きを読む

☆ 山の辺の道ハイクと龍王山

2019年1月11日(金)、夜が明ける頃、軽登山靴を履きハイキングザックを担いだ。
ウォーミングアップを兼ねて35分程、東へ歩くとJR高田駅に到着、
缶コーヒーを飲みながら、7時半過ぎの奈良行に乗った。


01-20190111.jpg

通勤、通学の時間帯と言うのに、まほろば線の車内はゆったりだ、
半分寝ていたのだろう、気が付くと天理駅の案内、慌てて降りた。
宗教色の濃い駅周辺、一種独特の世界に来たような雰囲気が漂っている。
まだシャッターの開け切らない商店街を抜けると、

続きを読む

☆ 額井岳(大和富士)~戒場山を散策

2018年12月19日(水)、鳥見山から続きの山稜なのに独立峰のように見える額井岳、
先月、鳥見山公園から眺めた額井岳の山容が素晴らしく、山頂散策に出かけた。


01-20181219.jpg

新調したハイキングザックを担ぎ大和高田駅に向かったのは、夜が明ける頃だった。
気温は5,6度だろうか、寒いと言うほどでもない、35分程歩いてウォーミングアップ。
通勤、通学客に紛れ、7時過ぎの青山町行急行に乗りこんだ。
大和八木を過ぎると少し空いてくる、席を温める暇もなく榛原の案内、
この駅で下車するのは、今年3回目である。

続きを読む

☆ 秋深まる〝ほしだ園地〟

2018年12月8日(土)、蒼く抜けた空から、朝の斜光が降り注ぎ、
圧倒的な存在感のつり橋と共に、見事に色づいた紅葉が浮かび上がっていた。
秋色に包まれた星田園地、織りなす紅葉は別世界に来たような感じだ。


01-20181208.jpg

夜明け前、軽登山靴を履き、ハイキングザックを担いだ。
数日来の暖かさに比べると、冬らしい冷え込んだ朝だった。
JR五位堂駅まで歩いて、6時28分発の快速難波行に乗り込む、
車内でウトウトしていると、いつの間にか夜が明けていた。

続きを読む

☆ 燃えあがる高取城址

2018年11月24日(土)、五百羅漢から大淀古道を歩いて高取城址へ、
10時半頃、石垣に到着すると、休日とあって多くのハイカーが訪れていた。


031-20181124.jpg

苔むす石垣、その石垣を取り囲むように色づいたモミジの数々、
今がピーク、朝の陽光に照らされた城址は、ファンタジックな世界となっていた。


続きを読む

☆ 凛とした空気に包まれた壺阪寺

2018年11月24日(土)、7時過ぎの吉野行急行に乗り込むと、壺阪山駅で下車した。
カットソーの上にジャケット、更にパーカーを羽織る、そして手袋、すっかり冬の装いである。


01-20181124.jpg

今回は、昨年とは逆回り、先に壺阪寺を訪れてから高取城址へと回ることにした。
早朝の土佐街道は、歩く人も少なく静かだ。
あちこちに幟が立ち、城下町らしい雰囲気が漂う。
ポスターを見ると〝たかとり城まつり〟は昨日だった、
どんな祭だったのだろう…

続きを読む

黒ねこココ時計
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ