FC2ブログ

☆ 秋深まる〝ほしだ園地〟

2018年12月8日(土)、蒼く抜けた空から、朝の斜光が降り注ぎ、
圧倒的な存在感のつり橋と共に、見事に色づいた紅葉が浮かび上がっていた。
秋色に包まれた星田園地、織りなす紅葉は別世界に来たような感じだ。


01-20181208.jpg

夜明け前、軽登山靴を履き、ハイキングザックを担いだ。
数日来の暖かさに比べると、冬らしい冷え込んだ朝だった。
JR五位堂駅まで歩いて、6時28分発の快速難波行に乗り込む、
車内でウトウトしていると、いつの間にか夜が明けていた。

続きを読む

☆ 燃えあがる高取城址

2018年11月24日(土)、五百羅漢から大淀古道を歩いて高取城址へ、
10時半頃、石垣に到着すると、休日とあって多くのハイカーが訪れていた。


031-20181124.jpg

苔むす石垣、その石垣を取り囲むように色づいたモミジの数々、
今がピーク、朝の陽光に照らされた城址は、ファンタジックな世界となっていた。


続きを読む

☆ 凛とした空気に包まれた壺阪寺

2018年11月24日(土)、7時過ぎの吉野行急行に乗り込むと、壺阪山駅で下車した。
カットソーの上にジャケット、更にパーカーを羽織る、そして手袋、すっかり冬の装いである。


01-20181124.jpg

今回は、昨年とは逆回り、先に壺阪寺を訪れてから高取城址へと回ることにした。
早朝の土佐街道は、歩く人も少なく静かだ。
あちこちに幟が立ち、城下町らしい雰囲気が漂う。
ポスターを見ると〝たかとり城まつり〟は昨日だった、
どんな祭だったのだろう…

続きを読む

☆ 山の辺道(天理から大神神社)秋の散策

2018年10月8日(月)、黄金色に色づいた稲穂が波打つ頃だった、
朝は秋、昼間は夏 秋と夏の空気が交錯する中、春に歩いた〝山の辺道〟を散策した。


01a-20181008.jpg

桜井線(万葉まほろば線)の車内をのんびりやり過ごした後、
天理駅に到着したのは8時過ぎ。
行き交う人は休日とあってどことなくのんびりしている。
駅前には、〝山の辺の道てくてくマップ〟の大きな立て看板。
何気なくルートを確認していたら、初めて気づいた「大和青垣国定公園」の文字、

続きを読む

☆ 山の辺の道、春の散策(天理駅から三輪駅へ)

2018年 3月 17日(土)、〝菜の花畠に、入日薄れ、見わたす山の端は、霞ふかし春風そよふく…〟
こんな唄を歌いたくなるほどの光景だった。


01-20180317.jpg

7時半過ぎ、軽登山靴を履くとハイキング様に改良したカメラザックを担いだ。
中身は着替えとカメラ2台だけ、ザックの重さを加えても5kにも満たないだろう。
少し飛ばし気味に歩いて30分でJR高田駅に到着。
自販機で缶コーヒーを買うと停車中の〝JR桜井線〟に乗った。
2両編成だが、土曜とあって客もまばら、車内で寛ぎながら今日のコースを考えていた。

続きを読む

☆ 春色に染まる賀名生梅林

2018年 3月 14日(水)、3,4日前は咲き始めとなっていた開花情報だが、
流石にこれほど暖かい日が続くと一斉に開花!今日は満開となるだろう。


01-20180314.jpg

今年も「南朝の里・賀名生梅林」を訪れた。
24号線から五条の街を抜け168号線を南下、賀名生トンネルを抜けると梅林の雰囲気が漂う。
300円の駐車料金を払い、梅林マップを貰うとカメラ片手に歩き出した。
澄み渡る空の下、一気呵成に桜も咲こうかと思うような気温である。

続きを読む

☆ 春間近の鳥見山公園から長谷寺へ

2018年 3月 11日(日)、初瀬ダムから県道38号線を下りていくと、
桜かなと思うほど見事な紅梅が右手に見えた。
華やいだ色が少ないこの時季、濃いピンク色が一際鮮やかに映った。


01-20180311.jpg

学生や通勤客の居ない車内は随分と空いていた。
橿原神宮駅で京都行に乗り換えると、八木駅で発車間近の青山町行急行に飛び乗った。
やはり休日の客層は違うな…
どことなく暗く沈み込んだ平日の車内とは違い、明るい雰囲気が漂う。
斯く言う私もその一人であるが…
缶コーヒーを飲みながらウトウト、全く緊張感のない自分がいた。

続きを読む

☆ 明日香散策、サザンカとロウバイ

2018年 1月22日(月)、八釣(やつり)の蝋梅(ロウバイ)を撮りに来たのだが、
こちらの方がメインかな…
僕は、甘樫の丘に咲いていた山茶花(サザンカ)に夢中になっていた。


01a-20180122.jpg

朝の通勤客も一段落し、構内もまばらになり始めた頃だった。
橿原神宮駅で下車すると、未だ参拝していなかった「橿原神宮」へと向かった。
大きな鳥居を潜ると、神武天皇を祀る県内屈指のパワースポットへと導かれるが、
明けて、三週間めの朝となれば、参拝者は極僅かだ。

続きを読む

☆ 紅葉が進む壺阪寺

2017年11月21 日(火)、秋の壺阪寺も風情があっていいものである。
久しぶりに訪れた境内、カメラ片手に散策、印象に残ったものを切り撮った。


01a-20171121.jpg

11時半頃、城址を後にして壺阪寺の方へ下りた。
八幡神社から古道を歩き、無数の仏さま〝五百羅漢〟の無事を確認すると、
視界に入ってくるのは壺阪寺である。

続きを読む

☆ 城址、秋にして紅葉燃ゆる

2017年11月21 日(火)、大手門を過ぎ本丸跡を散策していると、
南側石垣斜面に数人のカメラマンが集まっていた。
つられて後方から眺める、なるほどこのモミジが一番輝きを放っている。
陽が入るのを待って2,3枚シャッターを切った。


01b-20171121.jpg

8時10分、壺阪山駅を後にした。
数人の乗客が降りたが、私以外に城跡に向かう人はいなかった。
土佐街道を歩く、時間が速いのだろう、
時々、地元の人が足早にすれ違うだけで穏やかな朝だ。

続きを読む

黒ねこココ時計
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ