FC2ブログ

☆ 涼風が心地よい葛城山

2018年 8月26 日(日)、淡い紫色した小さな花の塊は、〝ツリガネニンジン(釣鐘人参)〟
秋の到来を感じさせる花が咲き始め、山頂は心地よい風が吹き抜けていた。


01-20180826.jpg

8月最後の日曜日、閑散とした御所駅を後にしたのは7時過ぎだった。
暑さの峠が過ぎたとは言え、まだまだ夏の勢いが残った一日の始まりだ。
いつものコースをのんびり歩き、ロープウェイ登山口へと向かう。
山麓線を横切り、「六地蔵」から「猿目橋」を過ぎる頃には汗が滴り落ちてきた。

続きを読む

☆ 〝山百合 (ヤマユリ)〟が咲き始めた葛城山

2018年 7月 25日(水)、葛城山の夏といえば、〝山百合 (ヤマユリ)〟
昔は、あちこちに咲いていたが、最近は随分と少なくなったものだ。


01-20180725.jpg

大暑を迎え猛烈な暑さが続く日本列島、朝から気温上昇、高温注意報の出だしだった。

8時過ぎ、水越峠、一番上の駐車場でエンジンを切った。
昨年の大雨で旧309号線、峠から奈良側は依然として通行止めが続いている。
登山靴に履き替えザックを担ぐと、ダイトレ道をのんびり登り始めた。

続きを読む

☆ 梅雨の妖精、ササユリを探して

2018年 6月21日(木)、微かな風を受けて薄ピンク色の花が揺らぐ、
日本特産の〝ササユリ〟は、雨が上がるのを待ち侘びるように咲いていた。


01-20180621.jpg

朝から天気予報を何度も確認、いつの間にか雨から晴れに変わっていた。
慌てて山行の準備、登山仕様に身を固め、御所駅に降り立ったのは8時頃だった。
学生で賑わう駅舎を後にすると、ロープウェイ登山口へと向かった。
分厚い雲に覆われた空の底、光の差し込む気配はない。
どこからともなく現れては消えるガス、

続きを読む

☆ 一瞬の季節

2018年 5月10日(木)、赤く染まった葛城山の向こう、新緑の金剛山が間近に迫る、
ツツジ園からの朝景は、インスタ映えするフォトジェニックな光景だった。


01-20180510.jpg

梅雨の走りを思わせるような雨上がりの朝だった。
6時過ぎ、御所駅に降り立つと、いつものコースで登山口まで歩いた。
途中、足を止めたのは雑草扱いの〝クサフジ(草藤)〟の群生、
見れば見る程引き付けられる花だ。

続きを読む

☆ 今年も真っ赤に染まり始めたツツジ園

2018年 5月1日(火)、9時過ぎ、仮復旧した〝櫛羅の滝コースからツツジ園に到着、
未だ早いだろうな、期待薄に眺めてみると…


30-20180501.jpg

3,4部咲き!
今年はどの花も開花が早いが、ツツジも例外ではない。
今でも充分きれいだ、この調子ならGWが明ける頃がピークだろう。
カメラ片手に左回りに一周した。

続きを読む

☆ 仮復旧した櫛羅の滝コース

2018年 5月1日(火)、一年に一度、葛城山が燃える季節がやってきた。
今年は例年よりちと早いが、もうそんな季節なのだ。


01a-20180501.jpg

尺土駅、6時8分発の御所行に乗り込む、
缶コーヒーを飲みながら新庄駅、忍海駅を見送ると直ぐに御所駅、下りたのは数人だった。
いつもどおり40分程かけて登山口まで歩く、ウォーミナグアップと思えば軽いが既に汗たらたら。
今日も快晴、GWの出だしは夏を思わせる天候だった。
ロープウェイは動かしているようだが、流石に早朝とあって花見客は極僅か。

続きを読む

☆ 春の装いまでもう少しの葛城山

2018年 4月11日(水)、春未だ浅い頃、落葉樹の下に淡い紅紫色の花が咲き始める、
少しうつむき加減に咲いた花姿は可憐で清楚そのものだ。


01-20180411.jpg

三月は登っていなかったので、久しぶりの葛城山だった。
いつものように御所駅から歩いた。
山麓線を過ぎ猿目橋から登山口へと向かう。
谷筋の土手には〝シャガ〟の花が群落を作っていた。

続きを読む

☆ 葛城山から二上山へ、冬のダイトレ歩き

2018年 2月14日(水)、寒さの盛り、雲一つない冬晴れの一日だった。
御所駅から葛城山に登り、二上山までのダイトレ道の尾根歩きに出かけた。


01-20180214.jpg

7時半頃、通勤客で賑わう御所駅を後にすると、葛城登山口へと向かう。
山麓線を越え、六地蔵から猿目橋に出てロープウェイ登山口に到着、
そのまま「北尾根道」の急登に取り付いた。
途中、パーカーとジャケットを脱ぎ、カットソーと春物のフリース1枚だが、
見晴らし台に到着する頃には汗が滴り落ちた。

続きを読む

☆ 金剛山から葛城山へ-後半

2018年 2月8日(木)、展望台を後にすると、歩いてきたルートを戻った。
一の鳥居を右に曲がり郵便道の分岐点を通過、半分雪に埋もれた階段が待ち受けた。
ダイトレ道の難所の階段を下りきるとベンチがあり、正面に葛城山が飛び込んでくる。


30-20180208.jpg

尾根沿いに沿ったダイトレ道が見えて、その先には白いゲレンデとなった〝ツツジ園〟
先日見た時よりも積雪は少ないように見える。
陽当たりが良いので、気温が上がると直ぐに溶けるのだろう。
そう思いながら、お湯を補充し少し薄くなったポカリで水分補給した。

続きを読む

☆ 冬、真っ盛りの葛城山へ

2018年 1月11日(木)、ツツジ園から眺めていた。
沸騰したお湯の様に、モクモクと現れては消える湯煙のような雲、
ドラマチックな光景だ!
やがてその繰り返しも無くなり、白銀の金剛山が姿を現したのは昼前だった。
季節を問わず、幾度となくここから眺めていた風景だが、
今日は格別、フォトジェニックなシーンである。


01-20180111.jpg

雪の降った朝だった。
パーカーのフードを被り、御所駅から登山口へ、いつものルートを歩いた。

続きを読む

黒ねこココ時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ