FC2ブログ

☆ 神秘的な色合いの時計草(とけいそう)

2018年 9月07日(金)、紫色の〝時計草〟何とも神秘的な色合いだ、
花の直径は7,8cmはあるだろうか、
遠くから眺めた時、テッセンが咲いているのかと見間違える程大きな花だった。


01-20180907.jpg

猛烈な台風の爪痕が残る朝だった。
上空の空気が入れ替わるかと期待していたが、それほどでもない。
思ったより気温が高い、いつもどおり汗を拭いながら行きつけの公園に向かった。


強烈な風が吹いた後、吹き飛ばされたかと心配していたが、
そんな心配は無用、ツル性の植物なので、しっかりと他の植物に絡みついていた。

続きを読む

☆ スプレンゲリーと公園の彼岸花

2018年 8月29日(水)、夏水仙とも呼ばれている〝リコリス・スプレンゲリー〟
淡いピンク色と先端のブルーは、溜息が出る程素敵な色合いだ。


01a-20180829.jpg

6時過ぎ、公園に向かって自宅を出発、通い慣れたルートを歩く。
真美ケ丘に到着する頃にはすっかり汗だく、残暑厳しい夏の終わりである。
馬見丘陵公園、南口に到着すると真っ先に着替えを済ませ、
後は相棒のデジカメ・RX10M3に一脚を取り付け、散策開始。

続きを読む

☆ ようやく暑い夏を脱出したか…

2018年 8月17 日(金)、昨日の雨が季節を少し進めたようだ、
今朝は涼しい、物思いにふける秋はそこまでやってきている。


01-20180817.jpg

7時過ぎ、いつもの馬見丘陵公園に到着、
葛城山が近くに見える、今日は登山の方が良かったかな…
上空の空気が入れ替わったクリアな朝だった。


台風にも負けず咲き続けていた〝ヒマワリ〟も流石に勢いが落ちてきた。

続きを読む

☆ 台風去って蝉の大合唱

2018年 7月 29日(日)、台風の余波が残った雲の多い朝だった。
カメラザックを担ぐと、行きつけの馬見丘陵公園へと向かう。


01-20180729.jpg

幾分、涼しさを覚えながら1時間強歩くと公園に到着、8時過ぎだった。
流石に台風明けの朝、人は少ない、散歩する人よりランニングしている人の多さに驚く。


それにしても凄まじい蝉の大合唱である、
それだけ自然が多いと言う事なのだろう。
ふと見上げると、生息数が減少している〝油蝉(アブラゼミ)〟二匹が仲良く留まっていた。

続きを読む

☆ 夏を代表する花〝ひまわり(向日葵)〟が次々と開花

2018年 7月 21日(土)、ワインレッド色に咲くヒマワリ、〝クラレット〟が咲き始めた、
「フランス語で、薄い赤ワイン…」を意味するらしいが、なんとも印象的な色合いである。


01-20180721.jpg

今年の高気圧は強烈だ、幾日も居座り続け高温注意報の連続、
気温35℃以上の記録的な猛暑日が続いている。


8時過ぎ、馬見丘陵公園に到着する頃にはすっかり汗だく、
日陰のベンチに座り水分補給と着替えを済ませる。
流石にこの暑さは、熱中症を引き起こすだろう、散歩されている方は少ない、

続きを読む

☆ 時計草咲き始める

2018年 7月 8日(日)、トケイソウ(時計草)は個性的な花姿だ、
文字盤のような副花冠が放射状に開き、時計の針を思わせる花冠が付く。


01-20180708.jpg

凄まじい雨が降り続いた朝だった、同時に尋常で無い被害が放映されている。
幸いにもこの辺はそれ程でも無かったが、
毎年繰り返される光景に、我が国の災害対策はどうなっているのだろう…
想定外とか予想もしていなかったでは、済まされないだろう…
なんともやるせない。

続きを読む

☆ 公園の宝石

2018年 6月26日(火)、甘い香りで蝶を誘う花〝ブッドレア〟
日本名は、フサフジウツギ、公園の風物詩は夏の一コマだ。


01-20180626.jpg

朝から気温上昇、暑い日だった。
それも流行の言葉で言うなら〝半端ない暑さ〟
馬見丘陵公園に到着する頃には、すっかり汗だくになっていた。
今年の梅雨もスコールのような雨がまとまって降る現象、
いよいよ熱帯地方の仲間入りかと思う。

続きを読む

☆ 雨に打たれて

2018年 6月12日(火)、シャッターを切っていると、何が留まったように見えた。
トンボだと判るまでそれほど時間はかからなかった。


01-20180612.jpg

カメラ任せでシャッターを切った。
露出と構図を再確認、ベストショットを撮ろうと思いながら、
もう一度とファイダーを覗くと居ない、一瞬の出来事だった。


先日の続きである、雨模様の朝、再び、馬見丘陵公園を訪れた。
1時間程歩いて南口に到着すると、反時計回りに散策。

続きを読む

☆ 馬見丘陵公園の菖蒲

2018年 6月7日(木)、正直、菖蒲の花は地味だと思っていたが、
これほどたくさんの種類がほぼ一斉に咲きそろうと、溜息が出る程美しい。


31-20180607.jpg

「馬見花菖蒲まつり」が気になったので、馬見丘陵公園に寄ってみた。
南側駐車場には、ほとんど車は止まっていない、拍子抜けした感じだ。
カメラと昼食の入ったザックを肩掛けすると、菖蒲園に向かった。
約100品種、3万株の花姿は一目見ただけで素晴らしい、
花見客が訪れる度に歓声が上がっていた。

続きを読む

☆ 咲き乱れるひなげしの花-馬見丘陵公園にて

2018年 5月21日(月)、ここは馬見丘陵公園、春まちの丘 / 南エリアの外れ、
〝丘の上ひなげしの花で…〟思わず鼻歌が出てくる程の〝ひなげし畑〟
異国を思わせるような景色である。


01-20180521.jpg

7時半過ぎ、公園の南口に到着すると、カメラ片手に南エリアから春まちの丘へと向かった。
徐々に近づく〝ひなげし畑〟既に2,3人のカメラマンがシャッターを切っていた。
ただ、場所があまりにも公園の外れ、目立たない場所だけに、
刈り取られて花屋の店先に並ぶのでは?販売用に育てているのかと疑いたくなる。

続きを読む

黒ねこココ時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

kaze2320

Author:kaze2320
和歌山生まれの山育ち、今は奈良在住、
主に地元の金剛山・葛城山近郊の山歩きに加え、
里山散策、ハイキング感覚の古道歩き、神社・仏閣・古刹巡りが中心。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
月別アーカイブ